はったり女子日記

はったりだけで生きて来ました…。三十代半ばになって、自分の空っぽさにうなだれている残念女子の日記です。…そもそももう女子ではない。

徒然 : 好きになってはならん

世間では、ゲ◯不◯とか言ってて、ゲスなんて言葉使ってるけど、みんな案外身近では? と思うに至る最近。それほど、機会は身近。 ふいにはまりそうになる。 モラル的にもメンタル的にも、 火点くとダメなので、意図的に消火に向かってますが‥ うまくいかない…

読書:速さは全てを解決する。ゼロ秒思考の仕事術

元マッキンゼーの赤羽さんの本です。 積読していてなんと同じ本が2冊も。・スピードが'質'も'やる気'もつれてくる。 ・仕事が遅い理由。 すぐに始めることが出来ない。 やるべきことに集中出来ない。 段取り悪く後手後手になる。 優柔不断。迷う。 ・仕事が…

鮮烈な生。強くて美しいひと。小林麻央さん

がんで闘病中の小林麻央さんが亡くなった。著名人の死で涙が出たのは、はじめてかもしれない。世代的に姉の麻耶さんと近いので、「恋のから騒ぎ」時代から知っている「麻央ちゃん」だった。 きれいで清楚で、「こんな完璧な人が世の中にいるんだ」と思った。…

読書:図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室

昨日のグジグジアップからのこの本(笑)ケリー女史曰く、 ・自分の失敗パターンを知る。 ・やる力、やらない力、望む力を活用する。 ・もう一人のダメな自分に名前を付ける。(例:飲みすぎ→アル中、だらだらする→だらけ女) ・睡眠不足は意志力の低下。 ・…

仕事:気にするな。そして反面教師として大事にせよ。2

同じタイトルでまた同じ内容の日記。 はい。また同じ人に切れられました。「なぜこんな言い方しか出来ないのだろう」とか詮無いことを思ってしまいますが、 人間関係は合わせ鏡。 私も悪いところがあった。 自分も感情的になって人を傷つけていることがある…

読書:仕事ができる人の情報センス

「誰かのため」という視点を持つと集まる情報の質が変わる。 デジタルデトックス 情報は暴飲暴食すると思考が鈍って行く。 公平なメディアなんてない。 「本当か?」「何故だ?」というツッコミを常に行う。 まず、結論から考える。仮説思考。 たくさんのキ…

徒然:価値がないと切り捨てたもの

ネイルをしました。2回目のネイルの話。 アラフォーと呼ばれる年齢になって初のネイル。 今まで仕事柄出来なかったのですが、4年前からオフィス勤務になり解禁。 それが何故今までやらず? お洒落とか身だしなみ、とかにマストと思ってなかったんです。 あま…

読書:ラブオールプレー

無性に小説が読みたくなり、3冊一気に購入。 まず、これ。バトミントンの話です。一気に引き込まれて読みました。スポ根ものに胸熱く出来る自分がまだ若いと実感出来ました。<コメント> (買ったと想定した場合の)定価分のリターン:★★★★★ (本の良し悪し…

徒然:「与える」そして「努力と勇気」

叱られた。 30代後半(しかも独身で女性)ともなると仕事上ではもう叱ってもらえなくなる。 だから、ありがたかった。周囲の同世代に比べて幼い自分の原因が何なのか。 年を取ったら ・「与えること」を覚える。 ・絶えず成長していくための「努力」と「勇気…

読書:生産性

元マッキンゼー人事の伊賀さんの著書。 全ての部門の生産性をあげよ。がキーメッセージ。・成長=生産性を上げること。 ・問題認識力=課題設定力。’その問題を一気に解決したい’という強い動機付け。 ・管理職の仕事:チームの生産性向上のためのリーダーシ…

健康:寝つき悪く

寝つきの悪さがぶり返し、頓服薬飲む日曜の夜。昼間疲れていないせいかな、、、。占いにはまる母の助言 「今年の運勢は色恋沙汰に気をつければ大丈夫」 て、、リアリティあるなぁ。

読書:すごいメモ。仕事のスピード・質が劇的に上がる

メモは外部メモリ。脳のキャパを広げる。 ある意味新しいtipsはないのですが、 プランを考える時などとても役に立ちます。<コメント> (買ったと想定した場合の)定価分のリターン:★★★★★ (本の良し悪しを論ずるものではなく、自分自身の読書傾向の振り返…

徒然:胸熱くなる

相変わらずダラダラと過ごした日曜日。 テレビつけっぱなしにしてたら、選抜野球で息詰まる投手戦。「すごいなー」と早めの夕食(晩酌)しながら、次の第三試合も観てたら、ひりひりするような展開。 2アウトでダブルスチールかけれる強心臓!素晴らしい試合…

読書:すぐやる!「行動力を高める’科学的’な方法」

話題の本です。 読了が昨年末なので、久しぶりに見返しました。…すぐやれない私。いずれもハードルが高いことばかりではないので、取りいれていこうと思います。<Tips> ・睡眠を整えることで、問題が起こらないようにする。 ・「やってはいけないこと」を…

仕事:価値を決めるもの。

葛藤しています。 いや、、、単にイライラしているだけかも。 一年前の転職騒動から、個人の市場価値を知るのはいいことだと、身をもって実感した。 市場価値と自己評価のギャップはこの際においておく。 ただし、市場価値はその言葉通り、市場が決める価値…

読書:マーケティングのすすめ

マーケティングとは。 自分(自社もしくは自社製品)と自分以外の差別化を図り、ターゲット顧客層を絞り込む。 →自らが提供するモノ・サービスがターゲット顧客に影響を及ぼすこと。 私が提供できる価値は? 私の顧客は誰? 私の顧客が欲するサービスは?<…

健康:検診の結果、問題がないと検診受けたことを何故か勿体なく思う。

泥酔した。 怪我して、あざを作り、出血して。 アラフォーにもなると傷跡残るよなぁ、と猛省しながら痛みが引いた来たころに、 また別の痛みが。 歩行の時、角度が悪いと息が止まるほど膝が痛い。 しばらくしたら治るだろうか、、、。迷ったが、来週も出張続…

読書:知的財産権Q&A

知財シリーズラスト。昨年の9月に読んだ本です。 入門編で教養として知っているべき範囲の内容。特許でぼろ儲け。そんなのを夢見た学生時代。 お金になる特許って僅少なんですよね^^;<コメント> (買ったと想定した場合の)定価分のリターン:★☆☆☆☆ (本の…

徒然:スマホばかり眺めて何もしなかった日曜日

昨日は学校に行っており(隔週でビジネススクールに行っています)、 今日は買い物、英語面接の準備、学校の復習、、、と手帳には to do listよろしく いろんな「今日、やるコト」が並んでいました。 …朝一のWEB英会話はパスし、10時頃起きてぼーっとワイド…

読書:アイディア活かそう未来へ、知的創造時代に向けて。技術者を目指す若者が読む本。

タイトル長い(笑) 2冊まとめてアップです。知財関連の本。 >アイディア活かそう未来へ、知的創造時代に向けて 特許庁の本です。発明の歴史など。 日本の10大発明家は、 ・豊田佐吉・高峰譲吉・御木本幸吉・池田菊苗・鈴木梅太郎 ・杉本京太・本多光太郎・…

徒然:また断食

また断食に来ています。 ビジネススクールの宿題を携えて。 強烈な空腹が治まった後の思考の清明さが結構気に入っており、断食で減量でダイエットにもなるし、一石二鳥、と。 今回は過去2回とは別のところにしています。 …が実質1日の2泊3日だと、空腹を感じ…

読書:ゼロからわかる知的財産のしくみ

しばらく「知財」シリーズ(笑) 知的財産について、基本を知らないため、読了。 入門書として良書です。<コメント> (買ったと想定した場合の)定価分のリターン:★★★★☆ (本の良し悪しを論ずるものではなく、自分自身の読書傾向の振り返りに使います。)

仕事:「べき論」との付き合い方

昨年から定年後再雇用の取締役が、アドバイザーとしている我が部署。 アドバイザーと言っても、専門はビジネスではなく、別のもの。所謂理系職出身。…この方の相手がとてもしんどいです。今はマーケティングなんぞやっています、実は自分も理系職出身。 もの…

読書:起業で本当に成功するために大切なこと

比較的新しめの本です。2015年4月刊行。 起業家精神はスキルではない。 理想や目的を作る創造性。ハングリー精神、変わり者(やりたい事業を追い求める。)成功確率アップの4ポイント ・成長市場になる分野に進出。 ・他社と異なり、継続的な競争優位性を保…

徒然:Cheers to 2017

新年明けましておめでとうございます。 呑んだくれのお正月で、体重計には3が日はのらないつもりです。 節酒 減量 きちんと睡眠昇格 海外赴任入賞言い訳なし 自分を人生をコントロール 悔いを残さないやり遂げる 毎日改良若くないけど、若い。今日が一番若い…

徒然:よいお年をお過ごし下さい。

来年も素晴らしい1年となりますように。 ぬかりなく!

読書:最強の名古屋商法

おもしろい。名古屋に長くいたので、名古屋人気質というものを理解しているつもりだったが、より俯瞰出来た。 名古屋市場の攻略は「勉強会から」は納得。<コメント> (買ったと想定した場合の)定価分のリターン:★★★★★ (本の良し悪しを論ずるものではな…

徒然:もがく白鳥

全日本フィギュアが終わりました。 注目はやはり浅田選手です。過去、数々のミラクルを起こして来た彼女。 今日もそれを信じて待ちました。 結果は残念でしたが、現役続行を即答しており、安心しました。 かつての圧倒的な輝きを知る人は、「痛々しい」とか…

読書:日本人の価値観ランキング

2003年刊行です。 当時の日本人は、グローバリゼーションの進展を楽観視。 良質の製品が安価で手に入る。 多様な価値観の導入 新たな市場開拓。うーん。今はどうなのかな。多分14年前ほどの楽観視はないのかもしれない。<コメント> (買ったと想定した場合…

徒然:Nothing to lose

久しぶりに上司と昨年の転職騒動の話をした。 この1年どうだったのかな。 Out or Stay ? 決めようとして 今も会社に残っています。 選択肢は時として弱さにつながるな、と実感した1年でもあります。 オファーがある限り、理不尽に耐えるとか、清濁併せ呑む、…

読書:グリーンファクトリー

こちら「環境プランナー」なる資格を持っていまして。 …まぁ、使わないですけどね。。今の仕事じゃ。企業ブランドの強化 = 環境ブランド(=環境評価 x 利用意向度)うーん。。。ちょっと時代遅れ感があり、奧付みたら、2004年の刊行だった。納得。<コメ…

仕事:現実にたなぼたはない。羨ましいって言えたらいいのに。

かねてより狙っていたポジションに同僚が就いた。羨ましい。そんなことももう言えない年になってしまった。 ポジションが回って来ない。それが自分の実力。どこまであがき続けるのかを年々問い続ける。「はったり」を「ほんもの」にするあがきはまだ続いてい…

読書:次世代環境ビジネス

今後の環境ビジネスの方位は、「多様な資源の維持」「CO2削減」 資源枯渇が温暖化より先。読み応えがある本でした。<コメント> (買ったと想定した場合の)定価分のリターン:★★★★★ (本の良し悪しを論ずるものではなく、自分自身の読書傾向の振り返りに使…

徒然:今日が一番若いんやで!

今日が一番若いんやで! ってお見合いあっせん業の広告のコピー。そうですね。今日が一番若い。 どうしても独身女性としてのアラフォーをなぜか「晩年」のように思ってしまい、相変わらず、最後のあがきをしたくなっています。結婚せず、子供も持たず、仕事…

読書:図解 ひとめでわかる!世界経済地図

(読了が前過ぎて内容を覚えておらず、メモを見る。)説明が明朗でわかりやすい。貿易、資源、農業、産業。その国のスナップショットがわかりやすく説明されています。…二文字の国コード、すぐに思い出せないものは振り返ってもわからない、とそのまま書きま…

仕事:ブチ切れられる。大人な対応で収めることが出来ただろうか。

同僚にブチ切れされてしまった。 同僚といっても年次は15年ほど違う。先輩、とは敢えて言いたくない。 彼女の言い分もわかるし、私が彼女の立場ならむっと来るだろう。 職場に感情をむき出しにするのは、負の側面の方が強い。 堪え切れないのだから。幼稚な…

読書:知財革命

やばい。10月も終わりが見えてきたのに、9月の読書レビューです。。 本当は知財ビジネスに関する小論文コンテストのために読んだ本。(ま、応募できなかったですが。)メーカーのR&Dにいた身としてはとてもためになる本でした。10年前の発刊ですが。 日本は…

仕事:気にするな。そして反面教師として大事にせよ。

エモーショナルな同僚に当たられた。 先輩である。 正直むかっとしてしまった。けれど、このイラつきを持続させてはいけない。 働く女性は年を取ると会社で叱ってもらえなくなる。 だから反面教師は大事。 嫌味じゃなくそう思う。 ね、苛立ちがおさまって来…

徒然:アラフォーの結婚式参列スタイルとは。

友人が結婚する。 久しぶりの式からの参加。 服、どうしようか。シックだけどAラインのドレスしかない。 …アラフォーでこれは痛いだろうか。デザインは気に入っているのだが。 1着買う…?いや、そんなにもう着ることもない。 レンタルする?それもそこそこ高…

読書:ニッポンの素材力

とても興味深い内容でした。 結構知られている素材の開発初期のおはなし。<コメント> (買ったと想定した場合の)定価分のリターン:★★★★★ (本の良し悪しを論ずるものではなく、自分自身の読書傾向の振り返りに使います。)

読書:ユビキタスとは何か。

この本自体の出版は、2007年。9年前です。「ユビキタス」という言葉を初めて聞いたのは、日立グループのCMだったと思います。 IoTよりも古い言葉ですが、、同じイメージです。「これが実現されたら人間はどうなるのか?」 生活はより快適に。便利に。技術の…

仕事:打たれ弱すぎる自分

ある案件があって、精一杯取り組んでいたことだけど(成果が出る時期はこれから)、 上からの話は同僚に行ってしまった。 その案件にはたった一回関わっただけの同僚に。 私にとっては、難しい業務であり、そして「なぜ私がこんなことを」と湧き上がる自尊心…

徒然:おめでとうを集めてありがとうに。

晩酌のハイボールロング缶倒した。 あほです。 しかもこぼしたの、ハイボールだけじゃないし。 刺身食べていたら醤油もこぼした。 *** きょうだいのように育ったいとこに子供が生まれた。おめでとう。 行きつけの飲み屋のマスターが常連さんと入籍された…

読書:環境経済入門

経済学の側面から…というより生活者として考えさせられる本です。 下手な啓発本よりよほど響くかもしれません。<コメント> (買ったと想定した場合の)定価分のリターン:★★★★☆ (本の良し悪しを論ずるものではなく、自分自身の読書傾向の振り返りに使いま…

徒然:他人の幸せが羨ましい。

最近、、もしかしたら一番、結婚願望が高まっているのかもしれません。 38歳、35歳、40歳…、勝手に仲間認定していた友人・知人が相次いで結婚します。 寂しい、んですよね。 何がだろう。一緒に遊べなくなることが?独身の悲哀を語れなくなることが? でも多…

読書:世界に冠たる中小企業

Viva日本のものづくり!といった本です。 日本のものづくりの強さの深淵を垣間見ました。大企業か中小企業か。 多分、中小企業でないと取れない世界No1も多い。素晴らしいです。萌え。<コメント> (買ったと想定した場合の)定価分のリターン:★★★★★ (本…

仕事:怒りに自ら燃料投下しなくても。

easy goingを地で行く上司が珍しく怒っていた。 事情を聴くと確かに腹立しい。「あの時もそう。そもそも…」とつい似た経験を持ち出して同調してしまった。そして、、、生産性のない「思い出し怒り」がまだ抜けない。怒りに自ら燃料投下しちゃってるんですよ…

読書:そして日本経済が世界の希望になる。

最初にタイトル見た時に、「ほんと?」と思ってしまった。 作者はアベノミクスを評価・期待している。 この本が書かれたのは、数年前。 今だったどう思うか?<コメント> (買ったと想定した場合の)定価分のリターン:★★★☆☆ (本の良し悪しを論ずるもので…

徒然:言い負けて、哀しくて、悔しい。

金曜日のこと。社外の気の置けない仲間と楽しくので、千鳥足で最寄り駅に降り立った私に声をかけてきた他部署の同僚。 泥酔気味を若干笑われて、「えーい。そっちも酔いやがれ」とばかりに2軒目へ。(その他部署同僚も飲んでいた。)もともと、物言いがきつ…

読書:世界を動かす人脈

このレベルまで来るともはや別世界。(世界を動かす、のだから当たり前か…) 「パワーエリート」という言葉を初めて知った日…。<コメント> 定価分のリターン:★☆☆☆☆ …買ってないので。(本の良し悪しを論ずるものではなく、自分自身の読書傾向の振り返りに…