はったり日記

はったりだけで生きて来ました…。三十代半ばになって、自分の空っぽさにうなだれている残念女子の日記です。…そもそももう「女子」ではない。

読書:BRAIN 一流の頭脳

色々書いていますが、「脳力アップには「運動が一番」そんな本です。

脳は1年に0.5-1%縮んでいくそうです。…運動しないとな。

 

キーポイントはこれ!

●1日最低30分のウォーキング ●週3回のランニング45分以上 ●有酸素運動

<詳細>

・運動によってIQが高くなるので、戦略的に運動する。運動によって脳の機能向上、若返りが期待出来る。

・海馬は高濃度コルチゾールで消滅する。このためコルチゾール(ストレスホルモン)を手名付けるには、酸素を補給する。つまり運動する。

・定期的な運動はコルチゾールの分泌が下がる。ストレスに対して過剰反応しなくなる。

・心配する度に、脳は小さくなる。委縮する。

・運動は前頭葉に新しい血管を作る。血液や酸素の供給量アップする。

・筋肉はストレス物質を取り除く工場。

・運動により選択的注意力はアップする。脳の働きが活性化されると可塑性が促進され、周囲の環境に対する注意能力がアップ。

・運動はドーパミンを発生させる。ドーパミンで騒音を消す。

・運動直後はドーパミン量アップし、2-3時間は保持される。=集中力が高まり心が穏やかになる。

・自制心は運動により高められる。

・運動と暗記を同時に行う。

・ランニング&ウォーキングはドーパミン(好奇心)セロトニン(相手に譲歩する柔軟さ)エンドルフィン(多幸感)が増える。

●「体力」が「知力」を決める。心拍数150程度に増やすこと。

f:id:w2tiawy:20191103214328j:image

 

 

 

徒然:「私を口説いて来た男たち」カタログ

年齢的?に相手がひとりいればもう異性にモテたいとかは思わない。

これがアラフォーかと思ってたけど、自分の常識を一般化してはダメですね。

 

「Aさんに呑みに誘われた。信じられない、既婚のくせに」

「Bさんと二人で呑むんだけど、はり子(私のこと)さんも来て。ひとりだと何かあったら困るから」

「Cさんからやたらと思わせぶりなメールが来て困る」

、、、

断りなはれ、んなもん、全部。

20代じゃあるまいし、40越えてそんなこと言ってるの事故物件だぞ。

 

そちらから秋波送っといて、その気にさせといて、アクション起こされると、

「既婚者に言い寄られて困ってる私」として相談して来る。

相談というより、「、、だからAさんBさんCさんには、はり子さんも気をつけて」

という建前のモテ自慢。こちら独身で不美人だから。

 

こちら長い付き合いのパートナーもいるし、男性はひとりでいい。

40越えてモテることに躍起になる心境がわからない。

 

「私を口説いて来た男たちカタログ」にさすがに私の上司を加えて来そうになった時は、未然に防いだ。

妄言吹聴されるとさすがに気の毒。

 

「モテカタログ」で容姿のマウントとって来てるんだろうけど、

「痛いなー」って知性でマウントとってる^_^;f:id:w2tiawy:20191102091922j:image

読書:かかわると面倒くさい人

なんか…身につまされる。

自分が被害者にならないのはもちろん、自分はそうならないように、と戒めも与えられる本。

■面倒くさい人の10タイプ

①過敏で傷つきやすい。

②強烈な比較意識を持つ。

③自己中心的で相手の心に関心がない。

④自己防衛意識が以上に強い。

⑤劣等感を隠し持つヒーロー

⑥自分の判断力に自信がない。

⑦自信がなく、甘えが強い。

⑧謙虚な自分を売り物にする。

⑨取捨選択が出来ない。

⑩過去の肩書が自分の支え

 

■教訓

・私たちは事実の世界に生きているわけでなく、事実を客観的に解釈した意味の世界に生きている。

・頭の中の「〇〇べき」を書き換える。自分の長所短所合わせて自己受容する。

・認知反応>感情反応 は「経験から学ぶ人」

・感情的な反応を示すと見苦しい。

・出来るアピールは「痛い人」認定される。

・わけのわからない人には「お互い様」の気持ちを持つ。お互いの物事を見る構図が異なるだけ。

・自分の常識は他人の非常識。相手の心の世界に想像力を働かせる。

 

■対策は示されていないけど、原因がわかるので心構えが出来る。

・やたらと攻撃的な人:「バカにされた」敵意貴族バイアス。人間関係を悪意で操作。

・KYな人:心のモニターカメラが壊れている。自己モニタリングが出来ていない。

・密かに不満を抱え込む人:甘えが強い人。「相手が汲み取ってくれるはず」という甘え。

・雑用を押し付ける人:自分は特別と思っている人。

・突然切れる人:不安の表れ。見下され不安を持っている。

・必要以上におどおどする人:自己愛が強い。

・能力の低い人ほど自己過大評価。

・他者に対して優位的な人:劣等コンプレックス。

f:id:w2tiawy:20191023221553j:imagef:id:w2tiawy:20191023221553j:image

徒然:引っ越す前の Wish list

しばらく放置している間に転勤が決まり、5年いたこの地を離れる前にやり残したことをせっせとやっております。

 

気になる店に行く、

昔馴染みの土地に旅行する、

ご無沙汰の人と飲む。

 

まだ転勤の件はオープンではないので、 「最近活動的だね」と言われる。

 

今の部署では正直仕事でもキャリアでも閉塞感があるので異動は正直嬉しい。

けど気に入ったこの土地を離れるのはやはり一抹の寂しさがあるかな。

 

相変わらず週末学生しててレポートに追われる中の束の間の秋休み。

Wish list完遂を目指して!

 

f:id:w2tiawy:20191022142622j:image

 

読書:自分を操る超集中力

f:id:w2tiawy:20190816090704j:image

仕事柄…超人的なマルチタスクの人に会うことがあります。

「人生は密度だなぁ」とつくづく実感し、頭の中をのぞいてみたいとも思います。

自分を操る=人生を能動的に過ごしたいですよね。

 

<まとめ>

・集中力で1年が13ヶ月にもなる。うまく使えないと人生無駄になる。

・ウィルパワーの出どころは一つしかない。ウィルパワーは消費されると脳が休息を要求する。

 →ウィルパワーを増やす x 節約する。

・訓練法:無意識の行動に「はっ」と気づき、改める。この繰り返し。

●ヒトは行動ではなく意思決定で疲れる。

・エモーショナルプランニング:イベント毎に変化する感情を先取りして、1日の予定作成。

・集中力は30分しかもたない。鍛えても120分。

●飽きる前に焦らす。まとまった時間は短く区切る。→途中で終わった感覚が残るので「早くあの続きがしたい」と思える。

 

<集中力を起動させる7つのアクション>

1、水色をデスクに配置。

・整理整頓はウィルパワーの浪費を防ぐ。

・鏡を置く。自己認識力がアップする。

・天井の高い部屋は「アイディア出し」、低い部屋は「細かい作業」

・昼間に浴びるブルーライト:集中力、分析能力、思考力を高める。

・白熱球などの黄色い光の下:クリエティビティアップ(意識をぼんやりさせるので)

・何かをInputする時は静かな場所。(with耳栓。Outputは音楽を流す)

 

2、姿勢は大事。脳(前頭葉)のエネルギー源は、ブドウ糖と酸素(血液)

・あごは引く。頭は首の上。お尻と腰は直角に。両膝をつける。足裏を床につける。15分に一度立ち上がる(=ふくらはぎ動く)

・一旦離れても脳はやりかけのタスクを考え続けている。

・時間を区切る=仕事量と処理時間を意識し、選択肢が絞られる。=ウィルパワーの浪費減る。次に取り掛かる時には決断せずに始めること。長く粘れる。

 

3、食べるものも大事

・脳はブドウ糖。5g/h消費する。

低GI食品(そば、玄米、りんご、チーズ、ヨーグルト)は3時間後に血糖値低下。間食はナッツ、ヨーグルト。コーヒーで水分補給。→血糖値の乱高下が脳を疲れさせる。

 

4、感情のコントロールが大事。(エモーショナルプランニング)

・能力の全てで達成できるレベルに取り組む。

・取り組み対象がコントロールできるという感覚は大事。

・取り組みに対しての直接的なフィードバックは、内面に響き、感情を呼び起こすのでいい。

・行動(取り組み)が中断させる恐れがないこと。

・喜楽:クリエーティブにし、意思決定を速める。高い集中力に入っていける。

・怒:短期勝負で使う。「悔しいから頑張る」「見返してやるために努力する」は目標達成や問題解決の原動力。

・哀:注意深くなり、冷静な判断が出来る。

 

5、ウィルパワー節約の習慣

・雑事こそ即時判断する。

・ルーチン化。意思決定すべきこと課題を即座に処理してしまう。

セルフ・ハンディキャッピング(言い訳。試験前の部屋の片づけ的な)の要素をあらかじめ除いておく。

・とりあえずBOXの設置。目的と関係ないものはなるべく置かない。

 

6、運動も大事。

・20分の軽い運動後、3-4時間は認知能力がアップする。

・運動は、脳の強化になる。ポジティブな気分のkeepにも。

・グリーンエクササイズ(5分ほどの森林浴。日光も。)脳の疲れが取れる。

 

7、瞑想は集中力、注意力向上にいい。

・目をつぶる→背筋を伸ばす→両手は膝の上に置き、7秒かけて吸う。7秒かけて吐く。(鼻呼吸で。口よりも酸素の消費が多くなるから。)

 

<疲れをリセットする方法>

・睡眠不足は外部刺激に反応過剰なので、なるべく避ける。

・睡眠中は疲労回復と記憶の定着。(→寝る前に覚えたことは余計な情報が入らず記憶に残りやすい。10-2時がゴールデンタイム)

・15分の昼寝。

・疲れ目を回復させる。温める。ぎゅっと閉じぱっと開ける。(長時間目を動かさないことでも疲れる)

・香りもいい。ローズマリー:脳の血液に作用。ウィルパワー回復。

ペパーミント:リフレッシュ。敏捷性アップ。集中力アップ。シナモン:脳認識機能、記憶力アップ。

・ワーキングメモリーをセット。不安を書き出し、頭の中すっきり。

 

<集中力を自動で作り出す時間術>

・超早起き:起床2時間後が最もクリエティビティがあがる。朝食後の30分はゴールデンタイム。

・午前10時は認知能力が高く、集中しやすい。

・15分程度の運動で脳を活性化。

・朝10分。その日やること、やるつもりがないことを決める。(意思決定が減ってウィルパワーの浪費を防ぐ)

・朝はInput、昼はOutput、夜は復習。

●早起きは自分をコントロールしているという感覚がもてる。

ポモドーロテクニック:25分タスク、5分休憩。

●ウルトラディアンリズム:90分タスク、20分休憩。(90分は体のサイクルにあっている。20分休憩はアクティブレストで。)

●アイビーリーメソッド:

1.明日やるべきことを6つ挙げる。2.優先順位をつける。3.一位タスクが終わるまで他のことはしない。4.できなくても悔やまない。5.また新たな6つをあげる。

●1週間に2日は余白の時間をつくる。1日の怠けタイムを作る。捨てたはずの時間が集中力を連れてくる。

 

 

徒然:もう2度来ない「いつか」が来た話。

f:id:w2tiawy:20190814152748j:image

以前「もう二度とこないいつか」なんて記事を上げました。(大分酔ってる感じが痛々しいな。)

http://w2tiawy.hatenablog.com/entry/2018/06/04/231245

約2年前にきつい別れをして、音信不通に気づき愕然とした上の記事。

その人から2年ぶりに連絡が来ました。

そして盆明けに会うことに。

 

なぜ連絡が来たんだろう?と思いながらもわだかまりは溶け(ただし会ってみないとわからないけど)、以前のように楽しくメッセージを交わしている。

むこうは転職という大きな変化、こちらはMBAという挑戦。40代にもなった。

新しい出会いとしていい関係が築けたら、と思う。

 

 

 

読書:ガラスの仮面の舞台裏

 お久しぶりです。

盛夏…というか猛夏ですね。

 

ずっと前にやっていた「ガラスの仮面展」で買った本です。

漫画「ガラスの仮面」にまつわるあれや、これや、と。

まぁ、ファンブックのようなものです。

 

ただ正直に言わせて欲しい。

 

ファンブック的なものより、

最新巻・・・・早く!!

 

私が生まれる前から連載しているこの漫画…。

3世代に渡るファンもいる。

作者ももう高齢…、、、ちゃんと完結させて欲しいです。

 

…すみません。グダグダ日記。

f:id:w2tiawy:20190804214128j:image